チーム案内

          2018.4.9 現在

          2018.4.9 現在


 関東学院六浦ラグビー部は、2005年に男子部員5人で愛好会からスタートし、2008年正式に創部した神奈川県内では最も新しいチームです。

 2014年からは、大学日本一を経験したメンバーが中心となって指導を行い、中学校から大学までの10年間を関東学院にてプレイできる「育てる一貫ラグビー」を目指しています。

 2015年には本校ラグビー部は、特別強化クラブに指定され、更には神奈川県内初の女子ラグビー部をスタートしました。それと同時に男女共高校からのラグビー推薦入学制度もはじめました。

 施設面としてはホームグラウンド人工芝1面を中心に、週末では関東学院大学の天然芝3面にて練習しております。この施設は、全国トップクラスの環境です。

 メディカル体制としてはチームドクター、トレーナーとの密接な連携で怪我等の故障者に対しても復帰するまで適切なサポートをします。

 その他には、2016年2月にはニュージーランドのクライストチャーチ・ボーイズ・ハイスクール(C.B.H.S.)と、ラグビーと教育を通じての国際交流を進めていくための協定を結びました。この協定は、生徒がクライストチャーチ・ボーイズ・ハイスクールに留学し、ラグビーの技術向上を目指すとともに、ニュージーランドでの異文化体験や語学学習などを重ねることを目的としています。


関東学院六浦チーム理念

"Good Attitude"

この言葉は、日本語では「積極的な姿勢」と訳すとおり、何事にも積極的に取組み、
心も身体も人間的に成長することを本校ラグビー部は目標にしています。

「ラグビーだけやればいい」という考えの生徒は要りません!!

ラグビー活動と共に学校生活・家庭生活の三位一体をしっかりと確立し、
ラグビーではいつでも100%全力で取り組み、それ以外の場所でも手を抜かず積極的な姿勢・心構え・態度で取り組める生徒になることを大切にしています。


創部からの歴史

2005年

ラグビー愛好会創立(部員5人)

板井良太監督就任、高戸直部長就任

2006年

中学単独チームにて公式戦初参加

2007年

高校単独チームにて公式戦初参加

2008年

ラグビー部に昇格

林広大コーチ就任

2009年

板井良太高校総監督就任、林広大中学監督就任

中学ラグビー 関東大会初出場 Bブロック優勝

中学ラグビー 東日本大会初出場 ベスト16

2010年

中学ラグビー 関東大会2年連続出場 Cブロック準優勝

2011年

中学ラグビー 関東大会3年連続出場 Bブロック第3位

中学ラグビー 秋季神奈川県大会 準優勝 

中学ラグビー 東日本大会出場2回目 ベスト16

2012年

中学ラグビー 関東大会4年連続出場 Bブロック第3位

中学ラグビー 東日本大会出場3回目 ベスト16

高校ラグビー 全国(花園)大会予選神奈川県予選 ベスト8

2013年

中学ラグビー 関東大会5年連続出場 Cブロック準優勝

高校ラグビー 神奈川県新人大会 第3位

高校ラグビー 全国(花園)大会予選神奈川県予選  ベスト8

2014年

板井良太が大学監督就任へ、林広大 中高監督(兼部長)就任

中学ラグビー 関東大会6年連続出場 Bブロック優勝

中学ラグビー 秋季神奈川県大会 初優勝(創部7年目) 

中学ラグビー 東日本大会出場4回目 ベスト4進出 秩父宮ラグビー場で試合

高校ラグビー 全国(花園)大会予選神奈川県予選 ベスト8

2015年

ラグビー部 強化指定クラブ

女子ラグビー部創設

中学ラグビー 関東大会7年連続出場 Cブロック準優勝

高校ラグビー 神奈川県新人大会 第3位

高校ラグビー 関東大会大会初出場 Gブロック準優勝

高校ラグビー 全国(花園)大会予選神奈川県予選 第3位

クライストチャーチ・ボーイズ・ハイスクール(NZ)と国際交流協定を締結

2016年

高校ラグビー 関東大会大会2年連続出場 Gブロック三位

女子ラグビー (高校)単独チーム横浜市セブンズ出場

       (中学)太陽生命全国7人制大会 出場(本校から3人出場)

2017年

中学ラグビー 関東大会2年ぶり8回目の出場 

高校ラグビー 神奈川県新人大会 第3位

高校ラグビー 関東大会神奈川県予選 単独3位 

       関東大会3年連続出場 Dブロック第4位

女子ラグビー (高校)オッペンカッププレート優勝 

女子ラグビー (中学)太陽生命全国7人制大会 全国優勝(本校5人出場) 

中学ラグビー 東日本大会3年ぶり5回目の出場

高校ラグビー 全国(花園)大会予選神奈川県予選 第3位

女子ラグビー (高校)太陽生命入替戦出場

2018年

高校ラグビー 関東大会4年連続出場 

中学ラグビー 関東大会2年連続9回目の出場


ご挨拶

本校ラグビー部は、2005年に同好会として発足し、2008年創部の歴史の浅いチームですが、2015年の全国高校ラグビーフットボール大会神奈川県予選では、はじめてベスト4まで進出することが叶いました。こうした男子ラグビー部の活躍と2015年の女子ラグビー部の創部は、多くの関係者のご協力とご支援の賜ものです。
厚く感謝を申し上げます。
今後とも、関東学院六浦に温かいご声援をいただけますと幸甚です。
生徒たちの活躍にご期待ください。

関東学院六浦中学校・高等学校
校長 黒畑 勝男


関東学院六浦中高ラグビー部は、創部して間もない新しいチームですが、年々部員も増え、わずか数年でめざましい功績を挙げております。
強みは、中高大の一環したラグビー指導を受けることができることです。
関東学院六浦ラグビー部は、一人ひとりの個性を大事にし、その子の持っている強みを伸ばせるように指導していきます。
ぜひ、みなさんも関東学院六浦ラグビーを体験してみてください。

総監督 林 広大


「女子ラグビー選手の活躍の場を提供していきたい」

 この思いで2015年本校に女子ラグビー部を創設致しました。

 4名から始まったチームですが、発足当時から環境整備に努め、人工芝・天然芝グラウンド、ラグビー部専用ジム、女子寮など、今では日本有数のラグビー環境を整えることができました。

 また、本校のグローバル教育と連携し、2016年ニュージーランドの名門校、クライストチャーチ・ガールズハイスクールと国際交流協定を結び、チームはニュージーランド遠征を実施致しました。

 こういったラグビーを通した経験。またラグビーだけにならない教育。そしてラグビーで培ったスキルを活かせる能力を目指して、日々活動をしております。

 2017年、高校女子は単独チームでの活動を開始、中学は全国優勝を成し遂げることができました。

 ラグビーは、日々「チーム」で活動し同じ時間を共有するからこそ、その醍醐味が味わえます。ラグビーの本当の楽しさを味わって欲しい。これが発足当初からのチームの理念です。

是非、関東学院六浦中高女子ラグビー部の環境を活用しラグビーを思い切り楽しんでください。

女子ラグビー部 ヘッドコーチ
梅原 洸(たけし)