【女子ラグビー部】2.6遠征 3日目

2/6 NZ遠征3日目AM

CBHSに集合、みんな会ったらすぐに各ホームステイ先で起こった出来事、食事の内容、家族の話等々で話題が尽きませんでした。

ごはんが合う合わない、英語が伝わった伝わらない、家同士が近かったなど…良くも悪くも色んなことを感じたようです。


あるペアは、朝からダークでした。年配のご家庭でトークスピードが早い、発音が聞き取りにくいとのこと、。(好きな食べ物は?と聞かれ、トマトと言ったが、お肉が出てきたと…ミートに聞こえたのかなぁと考えていました。)笑


もう一つのちがうペアは、ランチのお弁当を自分たちで作ったようです。他のみんなは用意してもらっていました。

家庭によってはかなり豪邸らしい?そうで・・・

その生徒ははずっとここで暮らしたい~なんて言っていました。(日本の親御さんには、誰がいったか言えません。笑)

女子はワイワイみんなと会ったら話しが尽きません。

練習の前に、特別にCBHSの校舎見学をさせてもらいました。みんな沢山写真を撮り、カールさんが歴史も含め、説明してくれました。教員室が日本と全く違うこと、教員室にビリヤード台があることなど、「へ~」の連発でした

みんなで椅子に座って写っている写真が教員室です。
黒畑校長先生もこちらに来ましたと言っていました。



そのあと、練習スタート。

今日も2人ペア、3人ペアでウォーミングアップをした後、チームに分かれてタッチフットを行いました。ウォーミングアップでは、簡単なようで難しい、でも楽しいというメニューでした。(反射反応、コミュニケーション、ハンズアップ、予測など。)

そのウォーミングアップで意識付けをしたことを取り入れている、ウォークでタッチフット、その後、100%で行いました。

運動量が沢山あり、タッチフットを行う中で、集合させてはポイントや改善点を説明し、その後、実践する時には、言われたことをやろうとしている姿が見受けられましたは、非常に好感を持てる。Good Job!!(ダニーコーチ談)

2時間弱の練習でしたが、運動量があり、身体に対して刺激があった内容でした。

練習終了後、少し英語の勉強&ランチとなりました。英語の勉強は、積極的にトークをして課題をこなしていました。自分で辞書を引いて調べたり、わからないところを先生に聞いていたりと真剣に取り組んでいました。

そのあと、博物館&植物園に向かい、時間の関係でどちらか一方を見学しようとなり、多数決で博物館に決定。その中でもみんな興味津々で沢山写真を撮ったり、カールさんの説明を聞いてまたもや「へ~」の連発です。

あっという間に時間が過ぎ、お迎えの時間。ホームステイ先のお迎えがくるところが3家庭、他はカールさんが送迎してくれました。

春香&結有香のペアはそのまま海に向かうようです。他の家庭ではどんな生活、食事となるのか楽しみです。

ダークなペアの生徒はどう乗り切るか、今日はトマトの発音を正確に、会話スピードが速くて理解できない場合は、「ゆっくり話してください~」と言ってみると前向きでした