【高校男子】ニュージーランド遠征 6日目

NZ遠征6日目を迎えました。

連日の雨模様の天候で朝から本降りの雨が降っていました。

雨が降るととにかく寒い!


しかし、NZでは、雨でもラグビーの練習は関係ありません。

午前中は、グランドにてアタックを中心とした練習をダニーコーチから教えてもらいました。雨でボールが滑りハンドリングミスが多かったですが、一生懸命習得しようという努力が見られました。


練習が終了すると2回目のESOL。


体の一部分について単語を答えるテストを3回行い、回数を重ねるごとにほとんどの生徒が点数upしていました。



そして、この後グラウンドにてsprintトレーニングを行いました。

生徒からは、「ハードな1日ですね。」と言って来ましたが、思う存分ラグビーをするようなプログラムになっているからなのです。



雨が降っていたので30分だけのトレーニングでした。


さて今日はNZに来ての初めてのGAMEです。


場所を先月女子の試合でも使用したHagley parkへ移し、3ハーフのGAMEをしました。


NZスタイルは、upを20分ですることらしいです。


準備が遅いKGMは、結局10分ぐらいしかできずにGAMEに臨みました。


相手は、500人いる部員(23チーム)の中で2ndGladeのチームでした。


セレクションもかけていることから全員迫力があり、前半から圧倒されてしまいます。


結局何もできないまま1ハーフが終了。


2ハーフ目からは、助っ人として日下太平君をメンバーに入れてGAMEをしました。


さすがは、日下君元チームメイトのために体を張ってくれていました。


結局3ハーフしてTRYは、3本取ることができましたが、接点、スピード、強さのすべてにおいてCHBSの方が上回り結果敗戦。


しかし、試合後、生徒たちからは、「めちゃくちゃ強いです。」「止まらない。」「金曜にもう一度やりたい。」などやっと気持ちが充実して来たのかと思いました。


生徒たちは、肌で感じたNZのラグビーから何を得たのか?得るものが大きいはずです。


今日の課題を後3日の練習で修正し、31日(金)のGAMEに臨みたいと思います。


↓以下のファイルをクリックすると一日の写真が出てきます。ご覧ください。