【高校女子】太陽生命入替戦を終えて

【経験値】

始めて出場した太陽生命入替戦は、「経験値」が大きくチームのプレッシャーとなりました。
 高校生の単独チームでエントリーしました我々は、入替戦を迎えるまでに、対大人対策として社会人チームとの練習試合を重ね、ある程度の感触と自信を得て当日を迎えました。しかし初日を迎えたチームは今まで見たことのないようなミスの連続で見えないプレッシャーにチームは包まれてしまっていました。 

グループリーグの2試合は、何もできずに敗退。

 二日目は、少しずついつものプレーが出来始めトライを重ねることができチャレンジトーナメントで初勝利。


 最後の試合となった準決勝、負けはしましたがチームのパフォーマンスはこの大会で一番良く、
特にこの大会で引退となる小畑・河部は最後の笛が鳴るまで献身的に動き続けてくれました。 

そのプレーは、気迫がこもり3年間の全てを表現してくれていました。


この試合が彼女たちの駆け抜けた3年間のベストゲームであったと思います。
 
 この大会を通じて、我々は弱さを感じそして自らの立ち位置を知ることが出来ました。


これが最大の「収穫」だと思っています。


来年勝つために必要な努力、勝つために必要な「経験値」。


ここがスタートライン。

そこに立たせてくれた3年生二人に本当に感謝しています。
彼女たちがいなければこのチームは存在しませんでした。
 その恩返しのために、グラウンドで同じ時間を共有した高校生・中学生たちが心新たにスタートラインに立ち、来年に向かって努力していきます。
 

最後に
小畑・河部はこれでチームを引退となりますが、二人は目標であった日本代表に向かって更なる努力をしていきます。
 引き続き、二人に力強い声援とご協力を何卒よろしくお願い致します。


女子ヘッドコーチ
梅原

 最前列は、創部からがんばってきてくれたメンバー4名(左から、岡田一那、河部春香、小畑結依、野本葵)

明日は、小畑、河部から「引退試合を終えて」というメッセージをup します。