【女子】引退試合を終えて

先日の太陽生命入れ替え戦をもって、チームとして引退した高校三年の小畑結依と河部春香に、3年間を振り返っていただきました。

河部春香

私はこの学校で過ごした3年間のラグビー生活の中で最高の人生を送ることができました。
1年目は、部員が少なかったため男子部員との練習に参加していました。2年3
年と女子部員が増えて行くのか不安でしたが、3年目になるとリザーブも登録できるようになり、部員が増えたことを実感でき嬉しくて幸せでした。
3年間ほぼ毎日続けたのでラグビーの技術においては苦手としていたタックルに入る技術を習得することができました。
また、人間性においてはバイスキャプテンという立場で部をまとめる厳しさや難しさを学び「嫌われる勇気」を持つことが本当のチームへの貢献だと知りました。
人工芝のホームグラウンド、部専用のウェイトルーム、トレーナーと全国でも多くない最高の環境の中で、最高の仲間とコーチ、先生方と共に大好きなラグビーに触れることができ、これからの私の日本代表という夢に大きく近づけることができました。
この3年間の中でできた沢山の経験を絶対に忘れることなく存分に大学でも生かしていきたいです。

 小畑結依

 小畑結依です。先日はたくさんの応援ありがとうございました。最後の大会では結果としては残せず、大人との体格差やフィジカルの差を痛感し悔しかったが、昨年に比べて見違えるほどチームが成長したなと感じることができました。まず、昨年だったら人数が少なく、きっとこの大会にすらエントリーすることができなかったので六浦に来てくれた後輩達には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
  引退して思うのは3年間本当に素晴らしい環境のもとでラグビーしていたんだなということです。グラウンドや道具やウエイト施設、コーチ、なんの不自由もなく3年間部活動に通わせてくれた家族や、父兄、学校の先生、仲間、友達の支え。
また、普段いつも当たり前のように一緒にいるから言いにくいけど、たった1人の同じ学年として共に活動してきた春香の存在はバイスキャプテンとして心強い支えになっていました。
これらの支えがあったからこそ3年間ラグビーができたのだとおもいます。
このような環境が整ってることは決して当たり前ではないので、後輩にはこの環境が整っていることに感謝の気持ちを忘れずに残りの部活動に思いっきり励んでもらいたいです。
そして、後輩たちといつか太陽生命などで対戦できる日が来るのを楽しみに待ってます。
長い子で約3年間、短い子で約半年、あっという間だったけど、ついてきてくれてありがとうございました。これからの六浦をよろしくお願いします。
3年間本当に応援ありがとうございました。


創部当初の写真です。


これからも引き続き関東学院六浦女子ラグビー部の応援よろしくお願いします!