【高校女子】NZ研修7日目 報告①

岩沢朱莉です。
本日は最後の学校で朝は英語の授業、その後各バディの授業体験、お別れ会、試合というスケジュールでした。
この何日かニュージーの学校で生活してきて思ったことは、この国は差別のない所だと思いました。ニュージーは色んな国の人達が住んでいるのに、みんな仲良くて私たち日本人にも気軽に話しかけてくれるとても心が温かい人達がいる場所だと感じました。
お昼は私たちのお別れ会をしてくれました。この少ない時間の中でもこんなに仲良くなれるなんて思っていませんでした。もともと英語が苦手な私にも優しく接してくれたバディにとても感謝しています。
ニュージーランド最後の試合はディフェンスを特に意識して挑みました。自分よりはるかに大きい人をタックルするのはとても勇気がいりますが、私たちが出場するサニックスで戦うにはそのタックルスキルがとても必要になってくるので、このニュージーランド研修で外国のチームと戦えたことが私たちにとってとても貴重な体験になりました。
また、飛行機の長旅が始まりますが、沢山寝たいと思います。
ホストファミリーとも今日で最後になり、最初はとても緊張してなにも話せなかったけれど、ホストファミリーの方がとても親切で今では普通に話せるようになりました。最終日になるにつれて帰りたくない気持ちがとても大きいくなりました。