【高校女子】松澤ゆりか(高1)が「ラグビーワールドカップ普及啓発事業」にて、NZ派遣選手として内定致しました。

2019年ラグビワールドカップ普及啓発事業(平成31年度)・国際交流プログラムの派遣選手に以下の生徒が参加が内定致しました。

高校1年生 松澤 ゆりか (大和ラグビースクール出身)

 8月7日~27日の期間、ニュージーランド・オークランド「Tauranga Girls College」において約3週間のラグビープログラムに参加致します。

 松澤は中学1年時にはニュージーランド・クライストチャーチへチーム遠征、中学3年時には香港での国際ガールズトーナメント参加と、今回で3度目のラグビー海外遠征を経験することになります。たくさんの経験とラグビースキルアップしてくれることを期待しております。

上の写真は、先日のサニックス・ワールド・ユース交流大会で、松澤ゆりかがNZチームにロスタイム逆転トライ!!