【高校女子】~六浦から世界へ「NZ留学」~No.2

こんにちは高井瞳です

3月にはいるとラグビーの練習も週5日に増え忙しい毎日を過ごしていました。

週末にはクラブチームのほうでワイヘキ島へ遠征にも行きました。

ワイヘキ島は港から船で40分のところにある島で、とてつもなく海と星空がきれいです。

みんな布団と枕を持参して出発しました。

練習後は海で遊んで、BBQをしてパーティーに参加しました。

「ワイヘキだからハワイだ!」とかいう謎の理論でみんなでハワイアンな格好をして行きました。

くらーい部屋にミラーボールギラギラで、鼓膜が破れるくらいの音量で音楽が鳴り響く空間は想像どおりのtheパーティーって感じでした。

ほんとに楽しかったです。

ほかにもボランティアらしきクラブに3つはいっているので毎日お昼にどれかしらのミーティングがあったりと忙しく充実した毎日でした。

思わぬ形で休暇になっている最近はこの機会にやれるだけやっておこうとバク転やフラフープや折り紙などにチャレンジしてみてます。

これからどうなるのかぜんぜん分かりませんか楽しくがんばりまーす

次の日は丘に登りました。

頂上に着いたらみんなで輪になって歌を歌いました。

感動的にきれいな歌声でした。

丘から降りたあとはチームビルディングをしました。

チームメイト誰か1人に当てて手紙を書くというものでした。

私のところには素敵な手紙が2通もきました。

手紙の内容を今思い出すだけでも幸せな気分になれます。

その前の週末はOEDの授業で一泊2日のトリップに行きました。

船の上で寝たり食べたりほとんどの時間を過ごしました。

希望すれば船の操縦をさせてくれるというので7.8回させてもらいました。

過去最多らしいです。

途中、船から200Mほど離れた場所にある砂浜で遊ぶ時間がありました。

行き方はボートか自力で泳いで行くかか選べたのですが、謎に自信があったのかライフジャケットなしで海に飛び込み泳いで行くことにしました。

飛び込んでから足のつかない海の恐怖と、自分はプールですら25M以上まともに泳いだことがないことに気づきましたが、半分溺れながら砂浜に到着しました。

砂浜で人間ピラミッドやカヌーリレーなど遊びまくったあとは、ボートにのって快適に船に戻りました。

夜はもちろんシャワーも浴びれず、男女同じ部屋なので着替えもできず水着を着たまま3段ハンモック的なところで寝袋に入って眠りました。

快眠でした。朝は6時半に起き、朝シャンだとか言われて海に飛び込み船の周り一周泳ぎ、日の出を見ました。とってもきれいでした。

この二日間は、将来船の上で生活しようかとか真面目に思わせちゃうくらいわたしには魅力的で素敵な時間でした。

家に帰り、次の日起きたら波にゆられてる感覚と日焼けが異常でした。

疲れも残っていたのですがこの日も体育の授業で1日カヤック?をしにいきました。

想像の100倍楽しかったです。