【高校女子】~六浦から世界へ「NZ留学」~ No.6

こんにちは筑紫洋子です。

ニュージーランドでもやっと学校が始まりました。それに伴って部活動も開始してそれとなく忙しい日々を送っています。なぜかわからないけどクラブのコーチも部活のコーチも必ず日本語で話しかけてくれるので面白いです。本当に上手な人から初心者までいて賑やかで楽しくやっています。これは昨日気づいたのですが、私が入っているクラブチームの中に元女子ニュージー代表のラグビー選手が少なくとも3人いました。しかもその3人はいつも私のことを気にかけてくれてプレーを褒めてくれたりしてくれていた3人でした。やっぱり強い人は周りのこともすごく見ているんだなと思って感心しました。私もそうなれるように精進します。

ラグビーでつながった友達もたくさんでき始め学校がなかなか楽しくなってきました。また、留学生向けじゃない方の英語の授業では本当にとても優しい女の子がいてその子とガチの友達になりました。彼女は日本のアニメが好きらしくって日本人の私より知っていました。話が伝わらなくて申し訳なかったです。

留学生向けの英語の授業でロックダウン中にたくさん課題が出たのですが、当然やるべきだと思い全部コンプリートして提出したら明けの授業で全部宿題をやったのはヨウコだけだと先生が言い私は優等生扱いされるようになりました。目立つのは好きじゃないけどなかなか気分が良いものですね。

話は戻ってロックダウン中の時、家族で自分の趣味を教え合う時間になったので私がKPOPオタクということがバレてしまいました。その日は映画ではなく私がお勧めしたKPOPのMVを家族で見ました。彼らはBLACKPINKがお気に入りのようでした。

レベルが下がった最初の日に私たちは近くの海に行ってカヌーをしました。いい天気でとっても気持ちが良かったです。でも行くときにわんこたちが車に乗るのが苦手なようで1人は口の前にボウルを準備し、もう1人は吠えながら暴れまわっていました。賑やかで楽しかったです。

その次の日は少し遠めの犬が入れる海に行きました。そこはすごく自然が豊かな場所でジャングルみたいなところを通って海に行きました。その日1番下の子が不機嫌で対処に困りましたがとても海が綺麗だったのでそんなことは忘れました。

休みの日に高井さんの家と私の家が20キロ離れているので2人で10キロずつ走って出会うというアホみたいな考えをして走って会いました。途中道に迷ったりここは走っていいのかとか色々ありましたがやり切りました。出会いの瞬間がまさかの橋の上だったのでロマンチックでした。

私が日本にいるときに毎日のように納豆を食べていたのですが、今とても食べたくなって食べたいなあと言ったら次の日日本人の子が納豆をジャパンマートで買ってくれました。そして家で食べました。久しぶりの味すぎてとっても美味しかったです。日本食で私が一番好きな食べ物は納豆だったようです。

これからラグビーが本格的にはじまっていくのでとても楽しみです!